当院の入れ歯治療について

052-846-2303

〒467-0002 愛知県名古屋市
瑞穂区川澄町1丁目1番5

入れ歯 FALSE TEETH

当院の入れ歯治療

入れ歯の製作、
調整もお任せください

歯を失ってしまった方で、入れ歯をお考えの方、
または、今お使いの入れ歯が合わずに悩んでいる方そのような方は、当院へご相談ください。
入れ歯の調整や製作のご相談も承っております。

入れ歯をお使いの方このようなお悩みは
ありませんか?

  • 入れ歯が痛い
  • 噛みづらい
  • 入れ歯が外れやすい
  • 入れ歯の見た目が気になる
  • 装着すると違和感がある
  • 歯ぐきが腫れる
  • 話しづらい
  • 入れ歯を新しくしたい
  • 食べづらい
  • 初めて入れ歯をつくるため不安

一つでも当てはまる方は、
ぜひ一度
歯科医院へお越しください!

入れ歯の種類

保険が適用される入れ歯

レジン床義歯

一般的な保険適用の入れ歯であるレジン床義歯は、プラスチックを使用しているため歯肉部分(床)が分厚くなります。そのため、装着時の違和感、食べ物や飲み物の温度が伝わりづらいなどの不便さを感じることもあります。
部分入れ歯は金属の留め具が必要となるため、入れ歯の装着が目立つ可能性もあります。

自費の入れ歯

金属床義歯

歯肉部分(床)が金属でできた入れ歯です。レジン床義歯に比べて薄くつくれるため装着時の違和感が少なく、食べ物や飲み物の温度も伝わりやすいのが特長です。
会話や食事は、自分の歯と同じように楽しめます。
一方、自費診療のため費用負担は大きくなります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、金属の連結部分やバネのない部分入れ歯です。歯肉部分が同じ素材で一体化されており、シンプルな構造が特長です。半透明の素材で目立ちにくく、見た目が自然な上、軽くてやわらかい素材のため、装着時の違和感が少なく会話や食事も快適です。
金属アレルギーを発症する心配もありません。

治療費

金属床義歯 350,000円
金属床義歯 
メタルティース
500,000円
ノンクラスプ
デンチャー
200,000円

※税抜き表記です

医療費控除について

医療費控除とは、支払った年間医療費が一定額を超えたときに、所定の手続きをすることで税金が安くなるというものです。ご自身やご家族が1月1日~12月31日に支払った医療費が10万円を超える場合、決められた計算式で出した額を確定申告すると、その年の所得から差し引いてもらえる制度です。
申告する際は支払いを証明するための領収書などが必要になりますので、必ず保管しておいてください。

控除の対象となる費用

  • 1.検査費
  • 2.診察費
  • 3.医薬品や歯ブラシなどの購入費
  • 4.通院のための交通費

詳しくは、お住まいの地域の
税務署などにお問い合わせください。